STAGE

鄭光誠 (チョン・ガンソン)

【プロフィール】

略歴 朝鮮大学校 経営学部卒。
日本生まれの在日コリアン3世。
大学卒業後、就職するも1年4か月で退社し、芝居の道へ。現在、NHK 連続テレビ小説「マッサン」の脚本家である羽原大介の師事のもと、外部で舞台の脚本・演出を手掛ける。
作品は、 在日問題、阪神大震災や自殺問題など史実をもとにした 社会派の作品を手掛けている。
2011年9月に、 出産をテーマにした「親孝行~こんにちは、母さん~」が、 第23回池袋演劇祭にて【としまテレビ賞】を受賞。
また、2011年末には、 脚本・監督・編集を担当し、実験的な自主製作映画を作成。
舞台が主な活動場であったが、有志で結成した【Unstoppable Film】にて映像製作にも着手している。

【作品】

自主映画 2015年5月 「雨奇晴好」(監督・編集)
2015年4月「最期のゲーム」 (監督・編集)
2015年1月「まとう」(脚本・監督・編集・録音)
2013年8月「こぃからっさ!」(監督・脚本)
2011年12月「同窓会」(監督・脚本・編集)
主な脚本・演出代表作(舞台) 2.5次元舞台「艶が~る」
2.5次元舞台「晴れときどき、わかば荘」
2.5次元ミュージカル「イケメン王宮」
2.5次元舞台「地獄少女」
主演 布川隼汰 「トライアングル –人生最期の日-」
主演 小谷嘉一 「キャンプファイアー」
主演 大平峻也 「チェンジオブワールド」
「殺意の衝動 –なぜ殺すのか?それが生きてる証明だから-」(主演:村井良大・平野良 @全労済ホール)
主演 世良優樹 「震~忘れない~」
主演 平野良 「地図から消された島」
主演 兼崎健太郎「熱い奴ら」
主演 馬場良馬 「HERO」
主演 浦えりか 「虚ろの姫と害獣の森」*演出のみ
「ハイエナ」、「婚活の達人」、「親孝行~こんにちは、母さん~」、「東尋坊」、「保育士の乱」、「パニ・パニ・パニック」、「人~サラン~」、「殴られ屋」など
演出助手 「VitaminZ」、「今日からマ王!」、「BASARA」、「STORM LOVER」、 「ふしぎ遊戯」、ミュージカル「忍たま乱太郎」第六弾 etc